BLOG
STUDIO TOKI のブログ

【実は知りたい】いまからVtuberを始める方必見のYouTubeチャンネルの始め方。

STUDIO TOKI のブログ

月曜日のブログ担当テロップチームです。

前回に引き続き、これからVtuberを始めたい!けれど配信を始めるには何をしたらいいかわからない!という方に向けた完全初心者向けのテーマをお伝えしていきます。

今回は「YouTube」で配信するには何が必要なのか?をお届けします。

実は簡単にできちゃうチャンネル開設

配信の準備と聞くと「複雑な手順が必要そう」「複数のアカウントを作らないとダメなの?」という疑問がわいてくるかもしれませんが、実はそんなことありません。

簡単にチャンネルが開設できるからこそ、老若男女問わず動画投稿・配信ができているんですね。 それではじっくりと解説していきましょう。

Googleアカウントを制作

まず最初に必要なのはGoogleアカウントが必要になります。Yahooアカウントではありません。Googleのアカウントが必要になります。すでにGmailやGoogleアナリティクスなどでアカウントを利用している方はそちらのアカウントを使うことができます。

チャンネル開設

実はYouTubeチャンネル、2つの種類があるんです。一つはGoogleアカウント➡Gmailを登録した際に作成された「デフォルトアカウント」

そしてもう一つがYouTubeチャンネル用の「ブランドアカウント」となります。

デフォルトアカウントでも動画をアップロードなどはできるのですが、チャンネル名が「自分の名前」になります。 そして今回作ろうとしているのは「ブランドアカウント」。こちらのアカウントならば独自のチャンネル名もつけることができます。

①PCからYouTubeにログイン。
②右上にある自分の丸いアイコンをクリックし「設定」を選択。
③「チャンネルを追加または管理する」をクリック。
④「新しいチャンネルを作成」をクリック。
⑤好きなチャンネル名を入力して「作成」をクリック。

以上で「ブランドアカウント」が完成しました!今後はこのチャンネルを自分好みにカスタマイズしていきましょう!

自分好みのチャンネルにしよう

これまではデフォルトデザインのチャンネルになっているので、個性がありません。ここからはチャンネルを彩る「アイコン」「チャンネルアート」「基本情報」を制作しましょう。

アイコンを設定しよう

写真(アイコン)はチャンネルの顔の一つで、画像のような丸い部分のことを指します。

チャンネルカスタマイズをクリックすると、「レイアウト」「ブランディング」「基本情報」という3つの項目を見つけることができると思いますが、まず「ブランディング」をクリックしましょう

ここに好きな画像を入れ込むことでアイコンを設定できます。ただし画像の条件があり…

「横98ピクセル縦98ピクセル以上」「4MB以下のPNGまたはGIFファイル」を用意する必要があります。「JPG画像」ではありませんので注意してください!

チャンネルアート(バナー)を設定しよう

チャンネルアートもアイコンと同じく、チャンネルの顔の一つです。チャンネルの上部に位置する部分なのでチャンネルに来たユーザーを引き付けるようなインパクトのあるチャンネルアートににしましょう。

画像の条件は…

「横2048ピクセル縦1152ピクセル以上」「6MB以下の画像」を用意する必要があります。

またこのバナーは端末によって見え方が変わるため、下記のようなエリアを参考に画像を制作してみてください。

基本情報

次は「基本情報」の設定です。ここはチャンネルに訪れたユーザーに「自分はどんな活動者・配信者なのか」を伝える項目です。自己紹介文、自身のSNSのURLや外部サイトのURLなどもここに表記することができます。

以上でチャンネルの開設&カスタマイズが完了です!

Vtuber活動のためのカスタマイズ

チャンネルは完成しましたが、実は配信を始めるにはまだまだ準備が必要になります。それが「アカウントの制限」を解除することです。

これまでで完成したチャンネルには以下の制限がかかっています

①動画のアップロード時間15分以上が不可能

②オリジナルサムネイルの設定

③ライブ配信

はい、注目は「ライブ配信」という部分。実は制限解除をしなければ、そもそも「ライブ配信」ができないんです。Vtuber活動にとっては非常に致命的な部分ですね。 では制限解除には何が必要なのか?それが「電話番号」か「SMS」でアカウントの確認を行う必要があります。

①PCブラウザでYouTubeにログイン、「YouTubeStudio」を開き、設定をクリック。
②左メニューから「チャンネル」をクリック、「機能の利用資格」を選択します。
③「スマートフォンによる確認が必要な機能」を詮索すると「電話番号の認証」が選択できます。
④「電話」または「SMS」で6桁のコードを受け取り、そのコードを送信します。

以上の工程を終えることができたら、はれてライブ配信が可能となります。頑張りました!

見落としやすいポイント!

最後に一つ、新人Vtuberさんが非常に陥りやすいポイントであり、関門の一つがあります。それが

YouTubeライブは「配信を有効化する」必要があります。

ここまで設定してさらに手順が必要になりますが、あとほんの少しです!

YouTubeのページ、右上にある「カメラ」のアイコンをクリックして「ライブ配信を開始」をクリックすると「ライブ配信は現在ご利用いただけません」と表示されます。ここにある「有効にする」をクリックすることでライブ配信が有効化されます。そして、ここからなんと「24時間程度」かかります。

つまりVtuberとしてあらゆる準備をして、チャンネルも作って、さぁ配信しよう!とライブ配信を始めようとしても、この部分が「有効化」されていなければ、もう1日程度待たなくてはならないのです。

かならずここは忘れないようにしましょう。

まとめ

テキストでは多く感じますが、画面とともに一緒に進めていけばチャンネルを開設することができます。Vtuberとしての活動の第1歩として必要になる作業なので、ぜひともまず一歩進めてみてはいかがでしょうか?

STUDIO TOKIの日常的な様子などが公開されている公式Twitterもあるのでこちらもぜひのぞいてください!最新情報やスタジオでどんな撮影・利用をされているかを確認することができますよ!

[公式Twitterはこちら]

月曜担当:テロップチームとは?

テレビ番組やYouTube動画で出演者の声と一緒に文字が出てることありますよね?あれが「テロップ」と呼ばれるものです。私たちはテレビ番組やYouTube動画用のテロップをデザインしたり、テロップを含めて動画を制作しているチームです。

タイトルとURLをコピーしました