BLOG
STUDIO TOKI のブログ

【超々初心者向け】配信をやってみたい!これからVtuber目指す人に読んでほしい「配信の始め方」シリーズ。

STUDIO TOKI のブログ

月曜日のブログ担当テロップチームです。

ブログ担当者はここ数年テレビよりもVtuberの配信を観るVtuberオタクなのですが、大手事務所所属、個人勢問わず配信を観ています。

その中で日々思うのが、毎日どこかでVtuberさんが生まれているなということ。どこかの事務所に所属するのではなく、個人でVtuberになれる時代になったんだなと痛感しています。

今回はそんなVtuber戦国時代の中で、「自分もこれからVtuberになってみたい」「配信活動」をしてみたい!という「超初心者」の方に向けたテーマです。

どこで配信すればVtuber?

さてVtuberを目指すとなれば、まずどこで「配信」するかを決めなくてはなりません。そもそもVtuberは「Virtual YouTuber」であることから一般的には「YouTube」を使って動画配信・投稿をします。もちろん近年ではバーチャルなキャラクターとして活動する、という意味合いで「Vtuber」を名乗っている方もいると思いますので、必ずしもYouTubeでしか活動しない、というわけではありません。現在ではYouTubeだけでなく、Vtuber専用ライブアプリもある時代です。 今回は基本に立ち返り、YouTubeで配信する、を前提に紹介していきます。

YouTubeアカウントを作る

大前提、YouTubeのチャンネルを開設するために、Googleアカウントが必要になります。すでにGmailなどでアカウントを持っている方はそのままのアカウントを使用してもOKですが、まだGoogleアカウントを持っていない方はまずこちらのアカウントが必要になります。

最低限の機材を用意する

YouTubeチャンネル用のアカウントを制作することができたら、次はVtuberに必要な機材を紹介していきます。

パソコンorスマートフォン

必要不可欠な機材。自分を映し出すもの、もしくは自分を制御するものが必要となります。上記でアカウントを制作したことがある方なら、すでに持っていると思います。

マイク

自分の声をPCに入力するために必要な機材。ただしこのマイクは突き詰めれば詰めるほど際限がないため、とりあえず始めたい方は1000円程度のスタンドマイク、またはヘッドフォンについたマイクでもOKです。音質にこだわるなんてのは二の次です。

カメラ

Vtuberという体に自分の魂を映しこむ機材。ただしカメラとは書いていますが、必要なのはデジカメやビデオカメラではなく「WEBカメラ」となります。こちらもマイク同様最初は2000~3000円台のカメラで問題ありません。ノートPCで始めている方なら、デフォルトで設置されているカメラでも問題ありません。

アニメーションソフト

Vtuberの根幹となるアバターを制御するソフトです。上記のカメラの顔認証を反映し、あなたの表情やしぐさをキャラクターに投影します。近年では多くのソフトやアプリなどあるため次回以降に紹介していきます。

録画・配信ソフト

上記のアニメーションソフト、カメラの映像、マイクの音声、そのすべてを統括してYouTubeに映像を送るのがこの録画・配信ソフトです。代表的なのは「OBS」と呼ばれる無料のソフトです。このソフトがあればライブ配信、動画用の録画などもすべてこなすことができます。

次回よりひとつひとつをテーマに解説

今回は、非常に当たり前に近い要素を紹介しました。次回以降、一つ一つを紹介していこうと思います。巷には「初心者向け」という記事は山ほどありますが、それでもわかりづらい記事はいっぱいあります。なるべく簡単に、そして単純に解説していければと考えていますので、ぜひ次回もご覧ください。

STUDIO TOKIの日常的な様子などが公開されている公式Twitterもあるのでこちらもぜひのぞいてください!最新情報やスタジオでどんな撮影・利用をされているかを確認することができますよ!

[公式Twitterはこちら]

月曜担当:テロップチームとは?

テレビ番組やYouTube動画で出演者の声と一緒に文字が出てることありますよね?あれが「テロップ」と呼ばれるものです。私たちはテレビ番組やYouTube動画用のテロップをデザインしたり、テロップを含めて動画を制作しているチームです。
タイトルとURLをコピーしました